スタッフブログ

2015年5月26日 火曜日

サウナ2 名古屋市瑞穂区の半日デイサービスならアクア介護サービスへ

おはようございます。
横田です。


 なぜ、サウナでデブになるのか。理由は次の3つです。


(1)普段、体の中には何もしなくても多少の脂肪を分解してくれるリパーゼという酵素が働いているが、サウナレベルの温度になるとリパーゼが働かなくなる
(2)サウナの熱は熱すぎるので、体が危険を感じて代謝を下げる
(3)サウナで汗をかいたのをいいことに余分なビールや食事を取ってしまう
 (3)はみなさんも思い当たるフシがあるかもしれませんね。しかし、(1)と(2)に関してははじめて聞いたという方もいるのではないでしょうか。

 どちらも私たちの体がそもそも持っている「脂肪を分解してくれる」「代謝をあげてくれる」という、ダイエッターにはありがたい体の機能をムダにしてしまっているということです。

 知人が言う「汗」に関してはどうでしょうか。
 まず、前提として汗には2つの種類があります。
 1つ目は、人間の体温が上がりすぎて死んでしまわないように体温調節をするための汗。この汗が出る汗腺は体中に数多く存在しています。

 サウナや夏の暑い日にかく汗はまさにこれで、99%の水分と多少の塩分でできています。
 そして、残念なことにこの汗はいくらかいたところで痩せません。
 もう一方の汗は、血液中にある分解された脂肪を含んだ汗です。この汗が出る汗腺は前出のものと違い、ワキや胸、骨盤周りなどに多く存在しています。

 また、サウナや暑い日に出る汗と違い、この汗は皮膚の深層部から出ます。運動で脂肪が燃焼するということは、その「脂肪を含んだ汗」が体外に出るからです。

寝ているだけ、じっとしているだけで
痩せ効果のあるものとは
 後者の汗をかくためには、実はサウナで暑い思いをするよりも、半身浴や岩盤浴のほうが断然おすすめです。このふたつは、運動ではないものの、じっくりゆっくりと体を温めるので、脂肪を含んだ汗が出ることがわかっています。

 もし、あなたがトレーニングで毎日脂肪を分解していたら、有酸素運動の20分でわざわざ分解の過程を経なくても、トレーニング後に半身浴や岩盤浴をすれば、最初から脂肪が燃焼されるようになります。

 有酸素運動には心肺機能を高めるなど、ほかにもさまざまなメリットがありますが、寝ている、じっとしているだけで脂肪を燃やす効果があるのなら、やらない手はないですよね。



投稿者 アクア鍼灸接骨院 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクア鍼灸接骨院

新着情報

一覧を見る

2017/08/01

休診のお知らせ
8月12日土曜日は休診させて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。


大きな地図で見る

■所在地
〒467-0064
愛知県名古屋市瑞穂区彌富通5-45
中根ビル1F
■アクセス
市バス「中根」バス停の前
■受付時間
8:30~11:30 / 16:00~19:00
■休診日
日曜・祝日 と木曜午後、土曜の午後
■駐車場
6台完備

詳しくはこちら