スタッフブログ

2014年11月18日 火曜日

医薬品とサプリメント 酸素カプセルがある接骨院なら名古屋市瑞穂区のアクア鍼灸接骨院へ

おはようございます。
横田です。

年齢を重ねると多くの人が悩まされる、ひざの痛み。
アクアでも膝痛を訴える患者様が多いです。
「ちょっと痛いかも」という程度であっても、寒さが厳しくなっていくこの時期は、痛みを感じやすくなります。
痛みへの対処法や、自分でできるオススメの予防法をご紹介します。

ひざの痛みを改善する医薬品とサプリメントの違いは?

――医薬品とサプリメントはどう違うのでしょうか?
医薬品は、品質や安全性などについて、厚生労働省の厳しい審査に合格し、承認されたものです。特定の症状に対する効能・効果を明示することが認められています。サプリメントは健康補助食品などと呼ばれるとおり、あくまでも食事の偏りを補うための食品です。

――含まれる成分に違いはありますか?
医薬品は成分の含有量にきちんとした基準があり、品質も一定に保たれています。一方、サプリメントにはこのような基準がありません。

足の筋力を高めて、ひざの痛みを予防しよう!

――ひざの痛みを予防するには、どうしたら良いでしょうか?
関節の働きに関わる筋肉を鍛え、筋力を高めることが、ひざの痛みの予防へとつながります。トレーニング方法にはいくつかあるので、無理のない範囲内で、長く続けられるものを選びましょう。
ひざの痛みを予防する運動の例
●イスに座った状態での片足上げ
イスに座った状態で片足ずつ伸ばしながら、座面(イスの腰を下ろす部分)と平行になるまでゆっくりと上げる。その後、同じようにゆっくりと地面に下ろす。これを左右の足で繰り返すことで、ひざの関節の働きに関わる太もも、すね、ふくらはぎなどの筋肉が鍛えられる。>

●相撲の四股(しこ)
足を広げて腰を落とし、片足を10秒かけて横に上げ、10秒かけて地面に下ろす。力士がやるように、ドシンと力強く踏む必要はない。左右の足で繰り返すことで、上記のイスに座った状態での片足上げと同様、ひざの関節の働きに関わる筋肉が鍛えられる。

●スクワット
立った状態で足を肩幅に開き、ひざの曲げ伸ばしをして、ゆっくりとしゃがんだり立ち上がったりする運動。曲げたときに、ひざがつま先よりも前に出ると、ひざを痛める恐れがあるため、前に出ないように注意する。筋力や痛みの状況などに応じて、イスに腰掛けた状態から立ち上がったり、机に手をついたりしても良い。

●足の裏でのタオルたぐり寄せ
床にタオルを敷き、手を握るのと同じ要領で、足の指でタオルをたぐり寄せる。歩き方に影響する足の裏の筋肉が鍛えられ、きれいな土踏まずが形成されることで、ひざの負担が軽減される。立った状態でも座った状態でも、どちらで行っても良い。

このような体操の指導をアクア介護サービスでは行っています。
他にも腰痛体操や肩こり体操など様々な要素の体操や運動を取り入れています。

いつまでも自分の足で歩き、元気よく暮らしたいという方達が互いを励まし合い行っています。
現在では96歳の方も元気よく体操をしてらしています。

無料体験も出来ますので一度、体験してみてはいかがですか?


投稿者 アクア鍼灸接骨院 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクア鍼灸接骨院

新着情報

一覧を見る

2017/08/01

休診のお知らせ
8月12日土曜日は休診させて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。


大きな地図で見る

■所在地
〒467-0064
愛知県名古屋市瑞穂区彌富通5-45
中根ビル1F
■アクセス
市バス「中根」バス停の前
■受付時間
8:30~11:30 / 16:00~19:00
■休診日
日曜・祝日 と木曜午後、土曜の午後
■駐車場
6台完備

詳しくはこちら