スタッフブログ

2014年11月 6日 木曜日

空飛ぶ車?! 交通事故のむちうち治療で評判の接骨院ならアクア鍼灸接骨院

おはようございます。
横田です!

来年、再来年頃もひょっとしたら「空飛ぶ車」が登場するかも・・・って話題です。
冗談ではなく真面目な話です。

その名はAeroMobil3.0!
車と飛行機のハイブリッドであり、発案者は、輸送産業に革命を起こすと言っています。
確かに現実になれば輸送産業は大革命です!!

空飛ぶ車は、わずか400キログラムで、飛行距離は700キロメートル!
パリからミュンヘンまで1回で行ける計算だ。

このプロトタイプは、10月29日にウィーンの会議で発表された。
発案者でエアロモビル共同創業者のユライ・バスリックCEOは、「過去30年間このプロジェクトに取り組んできて、完全な機能を提供する空飛ぶ車の提供という彼の夢がほぼ現実になった」と語る。
「当社の楽観的な計画としては、2016~2017年に最初の製品をお客様にお届けできるようにしたいのですが、まだ決まっていません。プロトタイプの次の段階としては、テスト、テスト、テストです」。

テストとは、エアロモビルが規制基準を満たし、飛行認可を得られることを確実にするためのテストだ。
現在のプロトタイプは、飛行中は8メートルの長さになる折りたたみ式の翼を備えている。
ガソリンで動き、100キロメートルの飛行で7.5リットルのガソリンしか消費しないらしいです!!
超省エネですよね!!
この技術は凄いなと思いません??

バスリックCEOは、機体のなめらかなデザインは、機能だけでなく、形状にもこだわったものだと言っています。
また、この発明が完成すれば、人々の移動方法が変わるとも語る。
「これは男の子のおもちゃではありません。ハリウッド映画に出てくるようなおかしなものでもありません。これは、個人の移動にとって本当に必要なものです。とても効率がよいからです。そうしたものよりもずっと楽しいものですし、実際にAという場所からBという場所まで移動できるので、ずっと速いのです」。

空を飛ぶことで、ますます渋滞が激しくなる道路を避けるという選択肢を人々に与えるわけだ。

チームが前進するための最大の課題は、離陸に必要となる滑走路の長さを縮めることである。
現在は200メートル!!都市部でこの距離を確保するのは難しいですよね?!

誓い将来、ディズニーランドに行くのに高い高速代やガソリン代を払わず、
今日は空を飛んでいこうか!!みたいな事が現実になるのかもしれません。

商業施設にはこれからは駐車場と滑走路の2つがいる時代になるのかも・・・。

なんか夢があって良いですよね?!


投稿者 アクア鍼灸接骨院 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクア鍼灸接骨院

新着情報

一覧を見る

2017/08/01

休診のお知らせ
8月12日土曜日は休診させて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。


大きな地図で見る

■所在地
〒467-0064
愛知県名古屋市瑞穂区彌富通5-45
中根ビル1F
■アクセス
市バス「中根」バス停の前
■受付時間
8:30~11:30 / 16:00~19:00
■休診日
日曜・祝日 と木曜午後、土曜の午後
■駐車場
6台完備

詳しくはこちら