スタッフブログ

2014年10月22日 水曜日

水分補給 交通事故のむちうち治療で評判の接骨院ならアクア鍼灸接骨院

おはようございます。
横田です。

皆さんは水分を補給するとき、どんな事に気を使っていますか?
今日は、水分補給の以外な落とし穴についてご紹介します。

水分補給は、一気に大量にするより「こまめに少しずつ飲む方がよい」なんてよく言われますよね。
しかし、実はあまりに頻繁に水分を取り過ぎるのも、かえって体に悪いんだとか......。

■水分の過剰摂取は、体内バランスを崩す

「ダイエット」や「デトックス」などと言って、よくオフィスのデスクにペットボトルやタンブラーを置き、やたらと水分を取っている女性がいますよね。
こう言われてドキッとしたあなたは、「黄色信号」です! 
たしかに水分補給には、血液がサラサラになったり、代謝が上がったりするなど、たくさんのメリットがあります。

しかし、過剰摂取すると、体内のバランスが崩れてしまう恐れが......!
 現れる症状は、疲労感や頭痛、気分が不安定になる、注意散漫になる、など様々。
最悪のケースでは、飲み過ぎで「水中毒」になり、死に至った人もいるそうです。

■体が欲している以上の水分を取ると、交感神経の動きが鈍くなる

私たちの体は、水分を必要としているときに、「水を飲みなさい」という命令が交感神経から下りてくるようになっています。それによって、「喉が渇いた」→「水分を取ろう」という思考回路になるわけです。
しかし、そんな体からの命令に関係なく、必要以上に頻繁に水分を補給していると、だんだんとその命令機能が怠けるようになります。

すると、どうなると思いますか? 交感神経の動きが徐々に鈍くなっていき、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

■正しい水分補給の方法とは?

交感神経が働かなくなると、人間の体は大きくバランスを崩し、正常な状態を維持できなくなってしまいます。
その危険を回避するためには、正しい水分補給の方法を守ることが必要です。
それは、ズバリ「喉が渇いたら、その都度水分を補給する」こと。

ダイエットやデトックスを理由に、必要以上にこまめな水分補給をするのはやめて、自然の要求に応じた乾きの状態を保つようにましょう。そうすれば、交感神経は正常に働いてくれます。

一見、人の体に悪影響を及ぼすことはなさそうに思える「水」。
しかし、やはり取り過ぎには注意が必要です。
特に、ほとんど体を動かすことなくオフィスでじっとしている人は、体が欲する以上の水分を摂取しないように、くれぐれもお気をつけくださいね!


投稿者 アクア鍼灸接骨院 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクア鍼灸接骨院

新着情報

一覧を見る

2017/08/01

休診のお知らせ
8月12日土曜日は休診させて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。


大きな地図で見る

■所在地
〒467-0064
愛知県名古屋市瑞穂区彌富通5-45
中根ビル1F
■アクセス
市バス「中根」バス停の前
■受付時間
8:30~11:30 / 16:00~19:00
■休診日
日曜・祝日 と木曜午後、土曜の午後
■駐車場
6台完備

詳しくはこちら